不動産投資はきちんと理解すれば怖い事はないですよ。基礎知識を学んで下さいね

不動産投資のトップ画像

ホーム
不動産投資って何
不動産投資のメリット
不動産投資のデメリット
物件を選ぶ方法

不動産投資のメリット

不動産投資は上手くいけば自分にとってかなりのプラスになります。しかし、不動産投資にはメリットとデメリットが当然のごとくあります。なるべくデメリットにならないようにする為に、このメリットとデメリットを理解しておきましょう。広島 賃貸でメリットの大きな物件を選びたいですね。

不動産投資のメリットは何か

不動産投資は安全に長い間安定した収入を得る事ができます。資金も少ない金額から始める事ができるので、節税の効果とか、相続税の対策として、沢山のメリットがあるのです。

私的年金

普通の年金や自分の貯金だけでは、これからの老後生活には不安が一杯です。ですので、働いているうちに、投資をする為のマンションなどを購入しておいて、定年をするまでにローンをすませておけば、会社をやめてから貰える年金にさらにプラスされて、毎月の安定した収入を得る事もできるようになります。自己資金がまとまっていなくても、物件を担保にして資金を調達する事ができるので、働いている時でも、始める事ができるのです。

生命保険の代わりにする

投資をする為のマンションをローンを使って購入をすれば団体信用生命保険に加入をすることとなってきます。もし、ローンを返済している途中で亡くなってしまったり、重度の障害を持ってしまって、ローンの返済をする事ができなくなったとしても、団体信用生命保険が適用されるので、ローンの残りと言うのは、保険から支払いをしていく事になります。ですので、もし家族が残されても、ローンが残っていないマンションだけが残る事になります。もう支払いはないので、毎月安定した収入だけを得る事ができるのです。
もし、家族の方が管理が大変と感じたら、売却をしてしまえば、まとまったお金を得る事もできるのです。

税金の節約

不動産投資で得られる家賃の収入は不動産所得となるので、給与所得とは別で申告をする事になります。
申告をする時に、物件の減価償却費とかローン金利、さらには、固定資産税と言う必要経費が認められるので、これを家賃収入から引いて赤字になってしまう部分は損益通算と言うことで給与所得とか事業税とかの他の所得などから差し引き所得税・住民税を節約することができるのです。ただ、不動産所得が黒字になってしまうと税額が増えてしまうので、税金の節約の効果は薄くなってしまいますので、この辺りは注意しましょう。

相続の対策

相続をする時に、購入をしていた投資用の不動産は時価の現金とか株式とは違って、評価額で決定します。賃貸をしているのであればプラス土地・建物両方とも2・3割の評価額を下げられるので、相続の対策としてとても有効になるのです。

インフレにも強い

今の所はデフレとなっていて、不動産の値段や家賃も低い水準なのですが、将来経済がインフレになれば、物の値段が上がっていって、預貯金とかの貨幣価値が下がり、投資物件の資産価値とか、家賃の相場が上がるであろうと考えられます。インフレになると下がってしまう預貯金の一部をアパートやマンションなどの運用に使う事で、将来インフレになったときの対策もできます。ほかにも、インフレになっている時に購入をしておいた不動産を売れば多少自分の利益にも繋がる可能性があります。

 

▲ページトップ

 

Copyright c不動産投資.All rights reserved